Ankerからのプレゼント

 おはろーございます。
 思いっ切りご無沙汰しております、中の人です。
 生きてます、足もあるっぽい!

 昨年度申し込んだAnkerの『Loyalty Rewards 2015』が届いたので3939開封しました。

 出遅れたせいで目玉のモバイルバッテリ等が尽きており、その上ケーブル等のサプライ品も数種類しか残っていなかったので、持っていなかったPower Lineを頼んでみました。

 梱包・包装はややがっちりとしたビニル。延びず千切れず軟らかい物を送るにはコストが掛からなくて良いのでしょうね。

 キャンペーンカード。
 無料配布キャンペーンにしてはしっかりと拘っていますね。
 開封してすぐにポイしたけど。

 本品。
 梱包・包装が上記の通りだった為にやや潰れていますが、問題ないでしょう。

 で、中身。
 0.1mのLightning・microUSBケーブル各1本。
 合わせて約2,600円相当ですので、お得と言えばお得なのでしょう。
 使うかどうかはわからんけど。
 貰っておいてなんだけれど、0.1mじゃなぁ……。

 出張や旅行の際には荷物にならなくて良いかも知れませんね。
 ……いつもガジェットやケーブル類を大量に持ち歩いているので、今更誤差の範囲ですがw


にほんブログ村 携帯ブログ スマートフォンへ
にほんブログ村

Share on Facebook

カテゴリー: 未分類 | コメントする

iPad mini 4の補償プランをまとめてみた

 おはろーございます。
 ドコモでiPad mini 4を予約済みの中の人です。
 え? どうしてSIMフリー版じゃないのかって? ドコモのポイントや割引クーポンがごっそり余っているのでお得だったんですよ。
 後、docomoなら即日SIMロック解除でSIMフリー化できますしね(※いくつか条件があるのでぐぐって下さい)。

 iPad mini 4については連日様々なサイト様が連載(?)されており、少しぐぐればわかると思いますので、顔も知らぬブロガーのみなさまに丸投げさせて頂くとして……今日はサポートについて簡単にまとめてみようと思います。

 まずは純正の『AppleCare+ for iPad』とdocomoの『ケータイ補償サービス for iPhone & iPad』から。

  Apple docomo au SoftBank 備考
契約料金 9,400円 11,500円 13,019円 15,600円 ※1※2
利用料金 4,400円 7,500円 -11,574円 特殊 ※3※4
1回合計 13,800円 19,000円 52,405円 特殊 ※5※6
※1.ドコモは500円/月である為、500円*24回=12,000円だが申込後31日の無料期間があるので-500円としている。他2社も同様に算出している。
※2.auの補償制度はAppleのそれに加算する形となる為、9,400円+3,619円=13,019円となる。また、SoftBankの補償制度『あんしん保証パック(i)プラス』も似たような制度だが、端末によって補償金額が変わる為、公式サイトで御確認頂きたい。
※3.Appleは2年間で2回まで利用可能。docomoは1年間に2回まで利用可能。auは1契約に対し1回限り。SoftBankは前回の利用から6ヶ月経過後に再利用可能。
※4.auの補償は『再購入補償金』で行われ、紛失や盗難してしまった端末と同じ物を”再度購入”後に11,574円が振り込まれる仕組みとなっている。SoftBankでは定価×割引率(割引上限)での再度購入補償(還元)となる。
※5.2年間で1回利用したと仮定。Appleでは修理、他3社では紛失・盗難による利用とした。
※6.auにて再購入補償金を利用した場合、60,360(本体代金)+3,619(紛失補償オプション(i))-11574円=52,405円となる。SoftBankではiPad mini 4の補償内容は公開されていないが、従来通りであれば再購入金額が定価の40~60%程度になると思われる。

 御覧の通り、Appleの『AppleCare+ for iPad』とdocomoの『ケータイ補償サービス for iPhone & iPad』では、前者の方が安価となっている。
 しかしながら金額比だけでは見えてこない注意点が幾つか存在するので、下記に差異だけ書き出してみた。

Apple 2年間の公式テクニカルサポート、修理(紛失盗難補償なし) 詳細
docomo 修理、紛失・盗難補償(新品交換補償) 詳細
au 修理、紛失・盗難補償(少額金銭補償) 詳細
SoftBank 修理、紛失・盗難補償(割引) 詳細

 ドコモのケータイ補償サービスが優れている点は同一金額内に紛失・盗難補償を含んでいる点だろう。後auは補償金額が少額で、SoftBankは店頭で尋ねたら「サポートセンタでないとわかりません」と言われたので面倒臭くなって打ち切りとした。
 もちろん、Appleのテクニカルサポートも必要な人には必要だが……ぐぐればなんとかなることが多い。

 キャリアの補償としてはドコモが突出しており、auに関しては安い掛け捨て保険程度にしか思えず、有り難みはほとんどない。
 またSoftBankは……穿った見方ではあるが、(紛失・盗難補償に於ける)正確な金額を出していない辺りに層の薄さが見て取れる。但し、15,600円という割高な契約料金を設定している為、もしかしたら手厚いサポートがあるのかも知れない。

 さて、何かの約款のようにわかりにくいエントリーになってしまったが、公式及び3社のサポートは以上のようになっていた。
 ドコモユーザであれば公式のサービスと迷う可能性はあるだろう。しかしながら他2社に関しては大きなメリットは感じられなかった。
 契約時に強制やお勧めされることの多い補償サービスだけに、内容を知っておいて少しでもお得に契約したいところだ。



にほんブログ村 携帯ブログ スマートフォンへ
にほんブログ村

Share on Facebook

カテゴリー: 未分類 | コメントする

SIMフリーがらくたFreetel Simpleを買ってみた。Sampleってレベルじゃねーぞ!

 
おはろーございます。
 
気が付いたらずっとずっと放置していました、中の人です。

 
さて、今回は話題のSIMフリーがらくた国内初SIMフリーフィーチャーフォン、Freetel Simpleを購入したので、さっくりと取り上げます。
 
なお、当ブログ(というか中の人)が引き当てた端末は、かなりの大当たり(不良品)です。正規品どころかFreetel Sample扱いしています。もしも購入の参考として当サイトを閲覧されている場合は、必ず他のブログや公式サイトなどもじっくりしっかり御覧になることをオヌヌメします。

 
なお、端末には個体差がよくあります。ホント良くあります。
 
下記の内容はあくまで当端末に起こった事象であり、全ての端末で起こると言っているわけではありません。おk?

 
さて、早速の化粧箱。物が軽いだけに箱もかるっがるです。
 
なお……接着剤が余り使われていないのか、かぐわしきくんかくんかすーはーの儀式は不発に終わりました。ふざけんな、開封時の一番の楽しみだろ!!

 本体の外観はこんな感じ。
 写真ではわからないでしょうけれど……表裏共にすっべすべです。
 
公式ブログでは何度かマット加工をウリにしていましたが、すっべすべなのでバッド加工です。
 
まぁ、マットかどうかなんて最終的には主観によるところが大きいですしね。Freetelさんにすればこの程度がマットなだけでしょうし。

 
QCしてる?
 
電源アダプタが袋の粘着剤と癒着してぷらーんぷらーん。

 
貴重な別カットから。
 
ぷらーんぷらーん。
 
……イラッ☆

 microSDさんは……がりがりになりました。
 スロットと前方にある凸部の隙間が狭い為……折角挿したmicroSDはラジオペンチを使っても抜き出せない惨事に(後程ピンセットで抜き出しました。microSD、スロット共に無事。本体には多数の擦過痕あり)。

 
そして恐らく、Simpleで2番目に話題になっているであろう……防水端末じゃないのに何故か付いているmicroUSBキャップ。充電時に邪魔なことこの上ない充電キャップ(もちろん、純正のケーブルではきちんと使えます)。僅かな衝撃や震動でぱかぱか開く充電キャップ。
 
……イラッ☆

 というか、おかわり頂けるだろか?
 左右共にサイズが合っておらず開いているんですよね。

 更に俯瞰では……浮いてますね。そりゃぱかぱか開くはずだ。

 そしてイヤフォンジャックにイヤフォン端子を差し込むと……ごりごりゅとの手応えが……恐る恐る引き抜いてみると、なんか出て来てるorz

 もうどこまでアレかを試す為に、わざと1600mmの高さから手を放してみる……すると、キャップ類フルオープン!
 やったね、充電時にちょーべんり!
 イラッ☆

 そして何故か上面も浮いてる……投げ付けたわけでも叩きつけたわけでもないんですけどねぇ……。

 でー……途中から面倒臭くなって、これ以上写真を撮っていないのですが、SIMフリーがらくたの真骨頂は言語環境にあります。
 使用出来る漢字総数がとんでもなく少ないとか変換が遅いとかではなく(いやこれも十分致命的なんですが)、電話帳機能に『読み仮名』がないんですよね。
 つまり登録した人の名前がずったずたのばっらばら。例示するならば、漢字の場合は音読みで判断される為に、赤田(あかだ)・赤山(せきやま)さんがまるで、相田・井上くらいの感じで並ぶことになります。
 ……相田・相山かしら?

 効率的に電話帳を使う為には、

01_相田
02_伊藤
03_高田
04_遠藤

 等の登録方法をとるしかありません。
 ……いったい、何世紀の端末なんでしょうかね?

 というか、このゴミ、言語入力関係の改善で発売を延期した割に……どの辺をどう改善されたんでしょうかね? というか、改善前はもっと酷かったの? そっちが気になるわ!

 こんなにも残念な端末ですので、中の人はメイン機としての購入はお勧めしませんし、ビジネスシーンでの活用もお薦めしません。
 どうしても欲しい方は既存の端末や回線を維持したままでの”試用”をお薦めします。

 もちろん、キャップがぷかぷか開いて、電話帳がゴミでも我慢できる方であれば、なんとか使えるんじゃないですかね?(投げやり

 がらくたをきちんとした電話として使用する方法? うるせぇ、国内フィーチャーフォンの白ROMでも買ってろ!(←これが一番幸せだと思う、いやほんと。

H27/08/29追記
 一部で、電話帳に漢字で入力した場合は自動ソートが反映されず、入力順との意見が出ていたので確認してみたところ……。

①赤田②和田③赤山④井戸⑤赤川の順に入力したら(入力したのは苗字だけ、○数字は入れていない)、①赤田⑤赤川③赤山②和田④井戸の順に表示された。
 何を言っているかわからないと思うが、私もまったくわからん……というか、時間が経てば経つほどに、がらくたっぷりを見せ付けてきてくれるんですけど……このゴミ。
 日本品質を謳ってゴミを売り付けるのやめてくれないかなぁ……。
 中の人はFreetel Simpleを買うなとは言いません。きちんといろいろな情報を調べた上で、本当に必要か、我慢できるのか、不良品を引いても泣かずに笑えるのかを考えてから決めることをオヌヌメします。
 Sampleの重要性をここまで強く訴えてくるSIMフリーがらくた。フリーテルは現代日本に蔓延る軽挙妄動に対して警鐘をしてくれているのかも知れませんね。

 取り敢えずプラスワン・マーケティング(株)(ブランド名:フリーテル)は、一般ユーザ層に対して、サポセンと端末不具合の相談先を、公式にさっさと声を大にして伝えるべきじゃないんですかね???

私? いやだなぁ、こんなおもしろいがらくた端末、手放したくないですよ!



にほんブログ村 携帯ブログ スマートフォンへ
にほんブログ村

Share on Facebook

カテゴリー: 未分類 | 5件のコメント

無制限MVNO(ぷららとWiMAX2+)を比較してみた。

 おはろーございます、中の人です。
 とんとご無沙汰しておりましたが、生きております。

 昨年頃から市民権を得つつあるMVNO。みなさまの中にもMVNOと契約を交わしている方も少なくないかと思います。
 MNO(各通信キャリア)と比較して、格段に安く、容量が多いMVNO。どう考えても契約しない手はないでしょう!

 と、考えて安易にサインしてしまう人が相当数いるようで……せめて約款やパンフレットに記載されている内容を把握してから契約して欲しいところ。
 そもそもね、安くて大容量で高速で……そんな美味しい話があるなら、MNOが自分でやってますよね? 何かを失う代わりに、何かを得る、中の人にとってのMVNOはそんなイメージです。

 のっけから(脱線)してしまいましたが、中の人がMVNOに求めること、それはGoogle Chrome Remote Desktopが快適に動作すること。
 もっと言えば、家のPCとリモートで繋いで、快適に艦これができること。ただ、それだけなんですよ。
 ところが、Chrome Remoteは結構なパケットイーターで、解像度等の環境にもよりますが、300MB/hなんてこともざら。MNOの回線でやっていたらすぐ天井に到達してしまって、他のことが出来なくなってしまう。
 そこでMVNOのお世話に……と言いたいところなのですが、前述の通りMVNOも完璧ではありません。中の人が使用しているWiMAX2+(月間容量無制限プラン)であれば、3GB/3days(以前は1GB/Dayだった為、改善されている)の縛りなので、それなりに使える方……ではあるのだけれど、屋外にとことんとんとんとん弱い。
 車や電車での移動中なんて使えたものではない。でも移動中にもっと艦これをしたい。パケットを気にしながらちまちまやりたくない!

 その点を改善すべく、久方ぶりにぷらら定額無制限を契約してみた。とっかかりは、某特価ブログの中の人が、「最近ぷらら無制限はかなり改善されてますよ~」と言っていたので、数ヶ月ぶりにぷららにお布施をしてみたのですが……うん、ゴミだった!
 改善なんてしてないよ! ふぁ○く! どんどん速くなるWiMAX2+に比べたら、タダのゴミだよ!
 これが自室で計測したぷらら無制限SIMの結果。惨劇としか言えない……。

 確かにPINGや上りは改善されているけれど、下りが絶望的で、Chrome Remoteが快適どころか、接続ミスだらけ。ぷららさんは悔い改めるべき。もういらん、2日で解約や!

 逆にWiMAX2+はこんな感じ。

 以前の計測よりは、やや遅くなってはいるものの、時間と曜日の問題なので、こんなものでしょう。
 ぷららと違い、PINGは微妙だし、上りも速くない。けれど、Chrome Remoteの肝たる下りでそこそこ出ているので、数値よりも快適度は高い。
 WiMAX2+の3GB/3days制限に絶望して、他のMVNOに乗り換える方をちらほら見かけますが……果たして満足できているのかしら?

 中の人は別にWiMAX2+をオススメしたり、応援したりはしませんが、月間容量無制限のMVNOではダントツなのではないでしょうか?



にほんブログ村 携帯ブログ スマートフォンへ
にほんブログ村

Share on Facebook

カテゴリー: 未分類 | コメントする